メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

テニスと似て非なるスポーツ。スペイン発祥のパデルが人気急上昇中!

情報提供:アズリーナ

スペインで生まれたパデルというスポーツが今、世界で注目を集めています。

パデルは、テニスとスカッシュを合わせたようなラケット競技で、シングルスはなく、2対2のタブルスのみ行われます。一見テニスに似ていますが、選手はガラスに囲まれたコートの中で戦い、壁を使ったプレーが大きな特徴として挙げられます。

また、ラケットの大きさもテニスに比べて小さく、素材も異なります。瞬発力と集中力が求められ、観客としても非常に見応えのあるスポーツです。

動画引用元:SpainPadel Project

パデルは主にヨーロッパや北中米、南米、そしてオセアニアなどで親しまれており、23カ国に連盟が存在します。実は日本にも連盟があり、あのアディダスも競技に携わっています。

発祥地のスペインでは、競技人口が今年中に300万人を超えると予想されており、世界各国でもその面白さが注目されています。その勢いで将来的にはメジャースポーツとなるかもしれません。


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです