メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

生の隣に目を凝らす=和合亮一(詩人)

6月

 つまがさめざめ泣いている

 うすばかげろうみたいに澄んで

 さめざめ泣いているのです

 なぐさめようとするのだけれど

 どんなことばもみつからなくて

 「ゆうぐれどきは かえりたくなる/だれかがぼくを まつあそこへと/そこがどこだか しりはしないが」。じめじめした梅雨の合間の夕暮れの空に、ふと幼い頃が懐かしくなったり、愁いに満たされたりする。言葉にできない寂しさを覚える。池井昌樹の新詩集『未知』(思潮社)をめくる。「みずにうつった そらをわたって/あのひのように ゆめみるように/それがいつだか そこはどこだか/だれがまつのか ゆうぐれどきは」

 気ぜわしい日常の中で時に言葉は、意味を切り取ったり、簡単にまとめあげようとしたり、粗っぽく振る舞お…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プーチン大統領がまた遅刻 日露首脳会談
  2. 大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  5. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです