メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

生の隣に目を凝らす=和合亮一(詩人)

6月

 つまがさめざめ泣いている

 うすばかげろうみたいに澄んで

 さめざめ泣いているのです

 なぐさめようとするのだけれど

 どんなことばもみつからなくて

 「ゆうぐれどきは かえりたくなる/だれかがぼくを まつあそこへと/そこがどこだか しりはしないが」。じめじめした梅雨の合間の夕暮れの空に、ふと幼い頃が懐かしくなったり、愁いに満たされたりする。言葉にできない寂しさを覚える。池井昌樹の新詩集『未知』(思潮社)をめくる。「みずにうつった そらをわたって/あのひのように ゆめみるように/それがいつだか そこはどこだか/だれがまつのか ゆうぐれどきは」

 気ぜわしい日常の中で時に言葉は、意味を切り取ったり、簡単にまとめあげようとしたり、粗っぽく振る舞お…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです