メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブロック塀

40年前の宮城県沖地震教訓に先進の対策 東日本大震災でも効果 県内自治体、継続調査で改修・解体促進 /宮城

 大阪北部地震でブロック塀の下敷きとなった女子児童が犠牲となり、安全対策が叫ばれる中、県内自治体の取り組みが注目されている。1978年の宮城県沖地震をきっかけに、県内の市町村はブロック塀の改修工事や生け垣への建て替えに対する助成金制度を進め、点検も続けてきた。2011年の東日本大震災ではブロック塀の倒壊による死者は確認されておらず、専門家は「危険性に関する行政などの対策が一つの成果として表れた」と評価する。【遠藤大志、本橋敦子、早川夏穂】

 宮城県沖地震ではブロック塀や門柱の倒壊で18人が犠牲になった。県が当時まとめた「宮城県沖地震災害の…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1276文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです