メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊の記録、新たに2人発見 県民センターで /茨城

 旧優生保護法下(1948~96年)での不妊手術問題で、県は27日、生活保護業務などを担当する県の出先機関「県民センター」で、生活保護を受給していた女性2人が不妊手術を受けたとされる記録が見つかったと発表した。これまでの36人とは別人。これで記録が見つかった人は計38人となった。

 県少子化対策課によると、2人は36年と…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文354文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです