メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐんまの書

県立高崎工業高校 向上心が部の一体感に 真剣さの背景に「悔しさ」も /群馬

 

 例年、書展などで優秀な成績を収め、「実力校」と呼ばれる高崎工業高校書道部。教室をのぞいてみると、互いに切磋琢磨(せっさたくま)する部員たちの姿があった。3人の3年生に部の特長をたずねた。

 「仲の良い雰囲気で、一人一人が作品づくりに集中していることです」。部長の阪本香緒さん(17)は断言する。題字を選ぶ際は部員同士で書風を分析し、意見を言い合うこともあるといい、「一緒に練習するほど字を書くのがどんどん好きになってくる」と話す。

 副部長の金子みなみさん(18)も「集中する時は皆、本当に真剣なので『私も頑張らないと』と刺激を受け…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文878文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです