メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカスながさき

外国人観光客調査・分析 「おもてなし」人材育成課題 「多言語」「日本らしさ」が人気 /長崎

 外国人観光客は、ちゃんぽんや被爆遺構などよりも、ラーメンや温泉、猫カフェといった「日本らしさ」を好む--。長崎を訪れた外国人観光客のそんな傾向が、長崎国際観光コンベンション協会による観光ビッグデータの調査・分析で明らかになった。飲食店などでのおもてなしに満足度が低いなど課題も浮き彫りになり、協会はデータを自治体や民間に活用してもらい、観光地としての魅力底上げを目指す。【浅野翔太郎】

 調査は2017年度、協会が経済産業省やNTT西日本などと実施した。外国人観光客に、プリペイドカード…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです