メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 盛り上げよう 大分市が実行委発足 警察など27団体、事業計画を議論 /大分

 県内でも試合が行われる来秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、大分市は「市ラグビーワールドカップ2019支援事業実行委員会」を発足した。経済や観光、警察など27団体で構成。W杯を盛り上げるため、旧パルコ跡地に整備する祝祭広場の活用やボランティア育成などを検討する。

 4日にあった第1回総会では、今年度の事…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文382文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです