メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出光興産

昭和シェルと統合へ前進 創業家長男が一転「賛成」

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油の経営統合に反対していた出光創業家のうち、出光昭介名誉会長の長男正和氏が賛成に転じたことが27日明らかになった。出光は同日、創業家との協議を再開していると表明。棚上げ状態だった経営統合は実現に向け前進した。

 創業家による出光株の持ち分は約28%。正和氏は約1%、同氏が社長を務める資産管理会社「日章興産」は約13%を保有している。関係者によると、出光と昭和シェルの統合について正和氏は賛成に転じた一方で、昭介氏と次男の正道氏は依然反対を続けている。

 ただ、創業家の持ち株の相当分を保有する正和氏が賛成に回ったことは、統合の実現に向けた強い追い風にな…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです