メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理

政府検討の改善策、根本問題置き去り

政府の公文書管理委員会に出席した(右から)梶山弘志・行政改革担当相、委員長の宇賀克也・東京大教授、委員長代理の三宅弘弁護士=東京都千代田区で26日

 廃棄や改ざんなど公文書を巡る問題が次々に起きているのを受けて、政府は来月にも改善策をまとめる方針だ。ただこれまで明らかになったのは組織改革案などにとどまっており、学校法人「森友学園」や「加計学園」の問題を通じて明らかになった公文書の定義や範囲、保存期間の設定の仕方といった根本的な問題点が置き去りになっている。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り1666文字(全文1827文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです