メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理

政府検討の改善策、根本問題置き去り

政府の公文書管理委員会に出席した(右から)梶山弘志・行政改革担当相、委員長の宇賀克也・東京大教授、委員長代理の三宅弘弁護士=東京都千代田区で26日

 廃棄や改ざんなど公文書を巡る問題が次々に起きているのを受けて、政府は来月にも改善策をまとめる方針だ。ただこれまで明らかになったのは組織改革案などにとどまっており、学校法人「森友学園」や「加計学園」の問題を通じて明らかになった公文書の定義や範囲、保存期間の設定の仕方といった根本的な問題点が置き去りになっている。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り1666文字(全文1827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです