メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

民泊新法、低調な滑り出し 活用への議論、積極的に=ガン・クリスティーナ(長野支局)

タクシーを待つ外国人観光客。民泊利用者の多くは外国人だ=JR名古屋駅で15日、ガン・クリスティーナ撮影

 住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日に施行された。営業に必要な届け出さえすれば、一般住宅やマンションの空き部屋に旅行者を有料で泊める民泊ができるようになった。しかし観光庁によると、届け出があった物件数は15日現在で3728件。5月末時点で、民泊仲介サイトの世界最大手・米エアビーアンドビーに約5万5000件が紹介されていたのに比べると、極めて低調な滑り出しに思える。

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2029文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです