メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

軍用地購入奨励本、なぜ生まれた=鳥山淳・沖縄国際大教授

 沖縄とは別の視点から、しかし沖縄戦にも連なる根深い問題に光を当てた二つの記事が印象に残った。毎日新聞5月18日朝刊の企画「2018春 ヒバクシャ[4]」の「戦争被害者で連帯を」は、被爆者として政府に補償を求めてきた運動が、沖縄戦や空襲の被害者らと出会いながら、訴えの視点を深めてきたことを伝えている。その視点は、同20日朝刊の「ストーリー」が伝える空襲被害者の運動にも間違いなく共有されている。

 訴えの背景には、原則として民間人を対象外とする補償制度が生み出した被害者の分断と、その不条理が司法…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 川口の男子中学生自殺未遂 手紙に、いじめ詳細や学校不信記す ぼくは生きてちゃだめなんだ/先生はぼくをみすてた /埼玉
  5. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです