メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

支払い先送りサービス 安易な買い物で借金苦

え・清田万作

 通(つう)販(はん)サイトの決済方法の一つに、支(し)払(はら)いを先送りできるサービスがある。入金前に商品が届くので人気の一方、安易に買いすぎて滞(たい)納(のう)に苦しむ若者もいる。

 例えば、あるファッション通販サイトは商品の支払いを最大2カ月遅(おく)らせることができる。飲食などの代金をその場ではなく後日まとめて支払う、いわゆる「ツケ」のような仕組みだ。だが、支払いのことを考えずに、欲しいものを手に入れたことに後(こう)悔(かい)する人も。「支払いも日に日に迫(せま)ってる、ああ恐(おそ)ろしや」「いつの間にか鬼(おに)のような借金背負(せお)ってて草」。ツイッター上には、こうした投(とう)稿(こう)があふれる。「法的措(そ)置(ち)をとる」と督(とく)促(そく)されたケースすらある。

 10代のある男性はサイトで雑貨や洋服を買うことが多い。ある時、この決済方法でカバンを購(こう)入(…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文942文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです