メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CEAPAD

パレスチナ情勢、深い懸念を採択

 【バンコク西脇真一】パレスチナ自治政府への支援策を協議する「東アジア協力促進会合(CEAPAD)」第3回閣僚級会合が27日、バンコクで開かれ、最近のパレスチナ情勢に深い懸念を示す共同声明を採択した。パレスチナ自治区ガザでは3月末からイスラエルや米国に抗議するデモが続き、イスラエルとの境界付近ではイスラエル…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです