メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入国規制措置

最高裁が支持の判決 トランプ政権に追い風

 【ロサンゼルス長野宏美】トランプ米大統領は26日、トランプ政権が昨年9月に発表したイスラム圏など8カ国から米国への入国を規制する措置について、米連邦最高裁が支持する判決を出したことを「米国民と憲法にとって、大きな勝利だ」と歓迎した。

 ハワイ州などが「イスラム教徒を対象とした宗教差別にあたり違憲」だと提訴していたが、政権側はテロ対策などの一環として正当性を主張。トランプ氏が大統領選から訴えてきた入国管理の厳格化について最高裁が支持したことは、政権への追い風となりそうだ。

 最高裁判事9人のうち保守派の5人が支持。最高裁は判決理由として、大統領は入国制限を行う相当な権限を…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです