メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉県立がんセンター

カテーテル処置後に60代女性死亡

外部の専門家交えた委員会で原因調査へ

 埼玉県立がんセンター(同県伊奈町)は27日、県内在住の60代女性が、多発性骨髄腫の治療を受けた後に死亡したと発表した。カテーテル(管)を挿入した際に血管や臓器を傷つけたことによる出血が原因とみられる。同センターは外部の専門家を交えた委員会で原因を調査する。

 同センターによると、女性は25日午後1時ごろから、造血幹細胞移植に使う末梢(まっしょ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです