メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉県立がんセンター

カテーテル処置後に60代女性死亡

外部の専門家交えた委員会で原因調査へ

 埼玉県立がんセンター(同県伊奈町)は27日、県内在住の60代女性が、多発性骨髄腫の治療を受けた後に死亡したと発表した。カテーテル(管)を挿入した際に血管や臓器を傷つけたことによる出血が原因とみられる。同センターは外部の専門家を交えた委員会で原因を調査する。

 同センターによると、女性は25日午後1時ごろから、造血幹細胞移植に使う末梢(まっしょ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです