メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

人類未到の地で生まれる新たな「知」に期待 はや2記者が語る探査の見どころ

探査機はやぶさ2の小惑星リュウグウへの到着後に撮影された宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所の管制室での集合写真=宇宙航空研究開発機構提供

 小惑星探査機はやぶさ2が、とうとう小惑星リュウグウに到着した。はやぶさ2の目の前には、人類がだれも見たことのない世界が広がる。はやぶさ2から届く画像は、どれをとっても、だれにとっても初めて見る風景だ。その瞬間に立ち会えたことに、胸が躍らずにはいられない。これからはやぶさ2の小惑星探査の本番が始まる。その一瞬一瞬を一人でも多くの人に見てほしい。はやぶさ2がリュウグウにいる今しか経験できない、ぜいたくな瞬間なのだから。【永山悦子】

 私は、はやぶさ2について、計画当初(2006年)から取材を始め、14年12月には鹿児島・種子島宇宙…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです