メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビプラス

7月7日に強制不妊手術勉強会

 旧優生保護法下、障害者に対し行われた強制不妊手術について考える学習会が7月7日、東京都中央区で開かれる。

     講師は、優生手術に対する謝罪を求める会会員で、東京都保健所心理相談員協議会会長の山本勝美さん。心理相談員をしながら障害や、旧優生保護法の問題を告発してきた。悲劇を繰り返さないために私たちは今どうしたらよいか、事例の解説をしながら考える。

     7日(土) 午後6~8時、東京都中央区築地2の12の10、築地MFビル26号館 朝日エル 大会議室で。

     参加費は2000円(学生500円、学生証の提示が必要)。申し込みは、参加者の氏名・所属・連絡先を明記し、性と健康を考える女性専門家の会 事務局へ、メール pwcsh@ellesnet.co.jp またはファクス(03・5565・4914)で申し込む。問い合わせは事務局(電話03・5565・3588)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです