メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

足でタイプ、絵描く 脳性まひ乗り越え 筑西の渡辺さん、来月1日まで /茨城

「◎」「の」で点描、インクリボンで色彩、キー重ね濃淡

 生後間もなく脳性まひで不自由な体になり、足の指でタイプライターを操って絵を描く筑西市の渡辺良子さんの作品展が、JR下館駅前のスピカビル(同市丙)で開かれている。支援者の女性は「渡辺さんの頑張る姿から勇気をもらっている」と話す。7月1日まで。

 渡辺さんは35年にわたりタイプライターの「◎」と「の」を組み合わせた点描で絵を制作してきた。黒、赤、黄…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです