メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千住博展

圧巻17メートルの断崖図 越前和紙で岩肌表現 県美術館 /富山

金剛峯寺の茶の間に奉納予定の壮大な「断崖図」=富山市木場町の県美術館で、青山郁子撮影

 高野山開創1200年を記念し、日本画家、千住博さん(60)が約2年半かけて制作したふすま絵「断崖図」「瀧図」が、富山市木場町の県美術館で国内初公開されている。7月29日まで開催中の「千住博展」のメイン作品で、注目を集めている。

 ふすま絵は、和歌山県高野町高野山の金剛峯寺の茶の間と囲炉裏(いろり)の間に、2020年に奉納予定。千住さんが画業約40年の集大成と位置づけ、高野山など空海ゆかりの地に実際に足を運び、構想を練った。

 総延長約26メートルもある「瀧図」は、千住さんの出世作にして代表作「ウォーターホール」の一環だが、…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです