メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

「母という名の女」 社会通念覆す問題作 /愛知

 カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞に輝いた、メキシコの鬼才ミシェル・フランコ監督の「母という名の女」が公開されている。「父の秘密」「或(あ)る終焉(しゅうえん)」に次ぐ新作は、いわゆる“母親”の、いや“人間”という存在の社会通念を覆す問題作と言っていい。信じがたい行動と先の読めない展開に翻弄(ほんろう)される、スリリングかつサスペンスフルな人間ドラマだ。

 メキシコのリゾート地に建つ海辺の別荘に、若い姉妹が2人で暮らしている。17歳の妹バレリアは同い年の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです