メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

難民対応策を議論 独政局に影響も

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の首脳会議が28日から2日間の日程で始まった。難民受け入れのルール見直しが主な議題で、入国管理に強硬な姿勢のイタリア新政権が発足してから初の公式の首脳会議となる。ドイツでは難民問題を巡り連立与党内で対立が続いており、会議の結果次第ではドイツ政局の不安定化を招く可能性もある。

     難民・移民の流入抑制策では、域外から欧州を目指す人たちの経由地である北アフリカにEU共通の入域管理施設を置き、保護が必要な難民か経済移民かを選別する仕組みを導入することで合意を目指す。

     一方、一度域内に入った難民らへの対応を巡っては加盟国間の溝は深い。密航者の受け入れの最前線であるイタリアやギリシャの負担を減らすため、加盟国が分担して受け入れる案には東欧のポーランドやハンガリーなどが反対している。

     ドイツが重視するのは、最初にたどり着いたEU加盟国で難民申請をした人が、ドイツなど豊かな域内主要国で保護申請を目指す「2次的移動」の抑制策だ。メルケル独首相は「EU全体での合意は困難」と認めており、イタリア、ギリシャとそれぞれ2国間で調整を図るが、イタリアが抵抗を示している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです