メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

言葉通じず、上意下達の運動部 異文化悩む留学生 高校バスケで審判殴打

処分内容を発表する延岡学園高の佐藤校長(左)と佐々木教頭=2018年6月23日、勝野昭龍撮影

 バスケットボールの全九州高校体育大会で延岡学園高(宮崎)の留学生の男子選手が判定を不服として審判を殴打して負傷させる前代未聞の不祥事が起きた。衝撃の映像はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で瞬く間に広まり、部活動での留学生批判が起こった。選手は近く帰国することに決まったが、留学生を受け入れる環境整備に教訓を残した。【小林悠太、勝野昭龍、田原和宏】

 殴打が起きたのは17日に長崎県であった全九州高校大会男子準決勝、延岡学園高対福岡大大濠高戦だった。…

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2247文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです