メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

スポーツと子供たち=西川恵

 <kin-gon>

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本チームの活躍に「十数年後、僕もW杯のフィールドに絶対立つ」と胸躍らせている子供もいるはずだ。世界的なイベントが子供たちのみずみずしい精神に及ぼすインパクトは計り知れないものがある。

 来年、再来年は日本でラグビーW杯、東京五輪が開かれる。スポーツのイベントでも、そのインパクトはスポーツの領域にとどまらない。イベントのダイナミズムが大きければ大きいほど、そこから滴り落ちるものは多様で、それを自分のものとして受け止める子供も必ずいるからだ。

 少し前のことになるが、「東京五輪2020年」をテーマにした座談会で、アーティストで東京芸大教授(美…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです