メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OPCW

化学兵器 使用者も特定可能に 権限拡大

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】化学兵器禁止機関(OPCW)は27日、オランダ・ハーグの本部で開いた締約国会議で、これまでシリアでの化学兵器使用の有無を検証するだけだったOPCWの査察について、使用者特定までできるよう権限を拡大する英国の提案を賛成多数で可決した。ジョンソン英外相は声明で「化学兵器を使用しても責任を問われない事態を防ぐ」と述べた。

 英国案には82カ国が賛成し、反対はシリアやその後ろ盾のロシア、イランなど24カ国。11月の会議で権…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです