メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OPCW

化学兵器 使用者も特定可能に 権限拡大

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】化学兵器禁止機関(OPCW)は27日、オランダ・ハーグの本部で開いた締約国会議で、これまでシリアでの化学兵器使用の有無を検証するだけだったOPCWの査察について、使用者特定までできるよう権限を拡大する英国の提案を賛成多数で可決した。ジョンソン英外相は声明で「化学兵器を使用しても責任を問われない事態を防ぐ」と述べた。

 英国案には82カ国が賛成し、反対はシリアやその後ろ盾のロシア、イランなど24カ国。11月の会議で権…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです