メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出光興産

割れる創業家 会社側「統合協議再開」 株主総会

 石油元売り大手の出光興産は28日、東京都内で株主総会を開いた。昭和シェル石油との経営統合に反対していた創業家の一部が賛成に転じ、今後の協議の行方が注目される中、会社側は株主らに創業家側との協議を再開したことを説明した。【袴田貴行、和田憲二】

 総会は株主約300人が出席し、非公開で行われた。出席した株主によると、木藤俊一社長が「大株主との間で協議を再開している」と表明したが、具体的な説明はなかった。株主からは早期の経営統合に賛成する意見が多く出されたという。創業家側からの発言はなかった。総会は約2時間で終わり、月岡隆会長らの取締役選任など会社提案議案はすべて承認された。

 総会終了後に取材に応じた男性株主(67)は「合併には賛成。早く進めてほしい」と語った。一方、別の男…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1039文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 全日本学生落語選手権「策伝大賞」 立命館3年・高橋壱歩さん 岐阜 /岐阜
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 10連休のGW、旅行に予約殺到 価格高騰も
  5. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです