メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

心の距離=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 先日、午後7時半に出発する列車に乗ろうと、タクシーで気仙沼駅に向かった。運転手さんに仙台あたりに出かけるのかと聞かれ、「いえ、東京です。この時間に出ても、ギリギリ今日中に東京に着くんです」と答えたら、驚かれた。60代とおぼしき彼は若いころ、12時間かけて東京に行ったという。今では3時間半で行くことができ、朝一に出れば9時前に東京に着けると話すと、彼は「うわあ、俺そんなのやんたな。ご遠慮願いたい」と言って笑った。東京は、ゆっくり列車に揺られ、酒でも飲んで、のんびり外を見ながら長旅で行きたい場所だ、と。

 その気持ちもわかるように思った。心の距離なのだろう。しばしば仕事で出張するような者にとっては、気仙…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです