メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肝硬変

新薬注射し溶かす 来月から治験開始 都立駒込病院など

 移植手術しか治療法がない肝硬変を治す新薬の臨床試験(治験)を、東京都立駒込病院と九州大病院、国立国際医療研究センター国府台病院の研究グループが7月から始める。「線維化」と呼ばれる硬くなった組織を溶かす可能性のある物質を患者に投与し、有効性と安全性を調べる。5年以内の承認を目指すという。

 肝硬変はウイルス感染による肝炎などを経て発症し、さらに進行すると肝がんになる。近年、肝炎は薬の開発が進んで治る可能性が大幅に上がったが、肝硬変に進展してしまうと治療薬はなかった。

 今回の治験は医師主導で実施し、資金は日本医療研究開発機構(AMED)が拠出。がん治療を目指してベン…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです