メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
トップ登場

NTT西日本 小林充佳社長 ときめいて社員と夢描く

小林充佳(みつよし)社長

 社長に就任して初の記者会見では、スクリーンに「ムーンショット」という言葉を映し出した。月面に人類を送り出すと表明したケネディ米大統領に由来する言葉で、「既存の延長線上ではなく、やりたいことを示し、どうやるか。社員と一緒に夢を描き、計画を作り上げたい」と熱っぽく語った。

     NTTの常務技術企画部門長から、22日にNTT西日本社長に就いた。日本電信電話公社(電電公社、現NTT)に入ったのは1982年。85年の民営化を控え、郵政省(当時)と電気通信事業法を策定するプロジェクトの一員に選ばれ、「NTTの仕事を大きく理解でき、人脈も広がった」と振り返る。

     出身は岡山県津山市。岡山支店長も務め、山間部や離島の課題に関心を持つ。「岡山にも人口が減っている地域があり、学校の統廃合が課題。デジタル教材の活用などICT(情報通信技術)で地域間格差の解消に役立ちたい」と意気込む。前任の村尾和俊相談役は「私の5~10倍パワーがある」と評価する。

     「ときめいて、ひらめいて、きらめく」が信条。「仕事でも家庭でも、とにかくときめこう。そういう時間を持つことが社会や家族のためになる」と社内でも呼びかける。趣味はゴルフ。関西の史跡巡りも楽しみにしている。【小坂剛志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
    4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです