メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳

7月16日ヘルシンキで会談 関係改善なるか

トランプ米大統領=AP

 米国、ロシア両政府は28日、トランプ米大統領とプーチン露大統領が7月16日、フィンランドの首都ヘルシンキで会談すると発表した。サンダース米大統領報道官は声明で「両首脳は2国関係や安全保障関連の諸課題について協議する」としている。両首脳の会談は昨年11月以来、3回目。冷戦終結後で最悪とされる米露関係の改善にトランプ氏が固執する一方、ロシア国内では対米不信が深まっており、トランプ氏の思惑通りに行くかは不明だ。【ワシントン会川晴之、モスクワ大前仁】

 トランプ氏は27日、記者団に対して「ロシアや中国首脳との会談はとても素晴らしいことだ」と強調。米露…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1061文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです