メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大など

iPS細胞から多能性が高い細胞の単離に成功

「ゼラチンナノファイバー」を使用

 超極細で繊維状の「ゼラチンナノファイバー」を使って、不均一なヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)の集団から、多様な組織に分化する能力が高い細胞を単離することに成功したと、京都大と大阪大などのグループが発表した。目的の組織・臓器を効率よく作製することにつながるという。成果は29日、米科学雑誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に掲載される。

 iPS細胞を作る際には大量の体細胞に「初期化」する遺伝子を入れる。得られたiPS細胞は、どの組織に…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです