メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

プロゲーマー・けんつめし ゲームの才能で未来切り開きたい

試合に勝利し安堵の表情を浮かべるけんつめし選手=ソウルで2018年6月2日、平野啓輔撮影

 対戦型のコンピューターゲームで腕前を競う「eスポーツ」。今年は元年と呼ばれ、プロライセンスの発行や、8月に開催されるジャカルタ・アジア大会で公開競技に採用されるなどの活発な動きを見せている。一方、プロゲーマーがどんな存在なのかはまだあまり知られていない。その実像に迫るべく、モバイルゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)のプロゲーマー“けんつめし”こと太田研人さん(19)に話を聞いた。【平野啓輔、兵頭和行】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです