メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直撃いばらき

つくば夫婦殺人 あす半年 早く犯人捕まえて 家族「もどかしい、悔しい」 /茨城

 つくば市東平塚で今年1月、建築業の小林孝一さん(当時77歳)と妻の揚子さん(同67歳)が自宅で殺害された事件が1日で発生から半年を迎えるのを前に、孝一さんの長男照幸さん(46)と孫の力也さん(23)が毎日新聞の取材に応じた。腕利きの大工で、頼まれたら断らない優しい性格だったという孝一さんへの敬慕の情を明かし、「戻ってくるわけじゃないけど、早く犯人を捕まえてほしい」と訴えた。【韮澤琴音】

 県内にある照幸さんの自宅には、にこやかな表情をした孝一さんの遺影と遺骨が仏壇の前に置かれていた。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです