メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたも狙われている

STOP詐欺 被害認知が減少 「還付金」はゼロに 水際作戦強化が奏功 /群馬

 今年に入り、県内の特殊詐欺被害の認知件数が減っている。県警によると、5月末時点で前年同期比42%減の71件(被害額約1億2730万円)。中でも「還付金詐欺」の被害認知はゼロ。現金自動受払機(ATM)の振込額制限や、高齢者の高額出金時に金融機関が警察に通報する取り組みが効果を上げているとみられる。

 還付金詐欺は「医療費の過払い金の払い戻し」などと称してATMを操作させ、本人が気づかないうちに送金させる手口。県内では2016年は1年間で61件(被害額計約7400万円)と前年比2倍超と被害が急増した。

 そこで県警からの要請もあり、県内に本店がある全ての金融機関は昨年3月までに、一定期間振り込みをして…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです