メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社員寮放火

被告に懲役13年の実刑 地裁判決 /静岡

 昨年5月、当時の勤務先だった土木建築会社の社員寮に放火したとして、現住建造物等放火の罪に問われた住所不定、無職、竹下登被告(53)の裁判員裁判で、静岡地裁(伊東顕裁判長)は29日、懲役13年(求刑・懲役18年)の実刑判決を言い渡した。

     判決によると、竹下被告は昨年5月7日、宿泊していた静岡市清水区の社員寮で男性専務(当時69歳)と口論になり「仕事をやめてしまえ」などと言われたことで腹をたて、嫌がらせのために放火を決意。同日夜、1階リビングに灯油をまいて火のついた紙を投げ入れ、寮を全焼させたとしている。この火災で専務が死亡し、2人が重傷となった。

     公判では、寮への放火の故意があったかどうかが争われた。伊東裁判長は、当時寮にいた男性の証言などから「相当に多量の灯油をまいており寮が燃える認識がなかったとは言えない」と指摘。「相当に危険で強く非難される態様」とした一方、反省の態度を示していることなどを挙げ量刑の理由を説明した。

     竹下被告は判決後、控訴しない意向を弁護士を通じて明らかにした。【古川幸奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
    4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
    5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]