メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

域外に入管施設、難民と経済移民選別で合意

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の首脳会議は29日、難民・移民の流入を抑えるため、域外にEU共通の入域管理施設を置き、保護が必要な難民か経済移民かを選別する仕組みを導入する方針で合意した。反移民を掲げるポピュリズム政権を率いるイタリアのコンテ首相が合意文書への拒否権をちらつかせて協議は夜を徹し、受け入れのルールを巡る根本的な課題では深い溝を残した。

 入域管理施設は、欧州を目指して地中海を密航する人が最初に上陸するイタリアやギリシャの負担を軽減し、…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです