メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「働き方」の行方

山田久氏

 安倍晋三政権が今国会の最重要課題と位置づけた働き方改革関連法が成立した。「多様な働き方」と生産性向上の両立を目指すが、長時間労働への懸念は払拭(ふっしょく)されず、「同一労働同一賃金」の実現にも課題が山積する。派遣社員やシニア世代を含め、働く者の視点に立った改革には何が必要か。

チェック体制整備必要 山田久・日本総研理事

 ここ数年、企業の収益が上向いて経営体質が改善する一方、労働条件の改善は遅れていた。働き方改革関連法が成立したことで、残業時間の上限設定や「同一労働同一賃金」の導入などを通じて、労働条件の改善が進むことになる。長年の課題が政府主導で改善に向かうことは基本的には評価できる。しかし、労働時間の削減や同一労働同一賃金の実現には大きな壁が残る。

 日本では「労働」と「人材育成」が一体化している。長時間労働を是正するには、人材育成の効率化とビジネ…

この記事は有料記事です。

残り2392文字(全文2772文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです