メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞候補

他と類似点 「美しい顔」講談社が謝罪

 第159回芥川賞候補作になっている新人作家、北条裕子さん(32)の小説「美しい顔」(「群像」6月号)の文章表現が、既刊のノンフィクション作品などと類似した点が複数あるとして、「群像」を発行する講談社(東京都文京区)はおわび文を7月6日発売の最新号に掲載することを決めた。類似点がある作品をはじめ、参考文献を改めて明示するという。芥川賞の選考会は同18日に開催。賞を主催する日本文学振興会は「現在対応を検討中」としている。

 講談社などによると、石井光太さんのルポルタージュ「遺体-震災、津波の果てに-」(新潮社、2011年…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです