メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

難民・移民対策で入域管理施設導入で合意

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の首脳会議は29日、難民・移民の流入を抑えるため、域外にEU共通の入域管理施設を置き、保護が必要な難民か経済移民かを選別する仕組みを導入する方針で合意した。反移民を掲げるポピュリズム政権を率いるイタリアのコンテ首相が合意文書への拒否権をちらつかせて協議は夜を徹し、受け入れのルールを巡る根本的な課題では深い溝を残した。

 入域管理施設は、欧州を目指して地中海を密航する人が最初に上陸するイタリアやギリシャの負担を軽減し、…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです