メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竜王戦

藤井七段、増田六段に敗れる 決勝T2回戦

竜王戦決勝トーナメント2回戦で増田康宏六段に敗れた藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年6月29日午後10時19分、丸山進撮影

 将棋界で現役最年少の棋士、藤井聡太七段(15)が29日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第31期竜王戦決勝トーナメント2回戦で増田康宏六段(20)に125手で敗れ、今期の羽生善治竜王(47)への挑戦権獲得はならなかった。

 竜王戦のランキング戦5組優勝の藤井は決勝トーナメント1回戦で、6組優勝の都成竜馬五段(28)に勝ち、4組優勝の増田と対戦した。増田は、昨年6月に藤井が公式戦最多の29連勝を達成した際の相手で、約1年ぶりの対戦だった。藤井は「残念ですが、また力を付けてここに戻ってこられるように頑張りたい」と話した。

 これで、藤井が年内に挑戦者になる可能性があるタイトル戦は、王座戦と棋王戦になった。【山村英樹、丸山進】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]