メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

稀勢の里出場に親方「判断できない」

竜電(右)との稽古に臨んだ稀勢の里=名古屋市緑区の鳴戸部屋宿舎で2018年6月29日午前10時10分、藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)を前に、二所ノ関一門の連合稽古(げいこ)が29日、名古屋市緑区の鳴戸部屋宿舎であった。左大胸筋などのけがで7場所連続休場中の横綱・稀勢の里は、前頭15枚目の竜電と9番取り5勝4敗。結果も内容も今ひとつだった。

 稀勢の里は竜電に対して左を差すことがで…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文272文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです