メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

“球回し”ファンや関係者の間にも賛否

【日本-ポーランド】後半、交代でピッチに入り、指示を出す長谷部(左から2人目)=ロシア・ボルゴグラードで2018年6月28日、長谷川直亮撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)で2大会ぶりに決勝トーナメント進出を決めた日本代表。ポーランド戦終盤、負けていながら後方で10分以上ボールを回して時間を稼いだ。専門家らが「勇気ある決断」と西野朗監督の戦術を評価する一方、ファンからは「恥ずかしい試合。もうサムライブルーとは呼ばない」との声も上がった。

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文1924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです