メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

ダッカテロ2年 記者は撃たれた 過激派の脅威、今も

殺害されたバシュチュさん(右)とドゥルバジャハンさん=2017年8月(ドゥルバジャハンさん提供)

 日本人7人を含む人質20人が殺害されたバングラデシュの首都ダッカのテロ事件は、1日で発生から2年。バングラではこのテロ以降、イスラム過激派による大規模なテロは起きていないものの、過激主義を批判したジャーナリストが殺害されるなど、過激派の脅威は依然続いている。

 6月11日午後、文筆家でジャーナリストのシャージャン・バシュチュさん(59)がダッカ南郊で銃撃され死亡した。「父はイスラム過激派から繰り返し脅迫を受けていた。それでも過激主義への批判や宗教的な寛容さを求めることをやめなかった」。次女のドゥルバジャハンさん(24)は取材に、時折言葉を詰まらせながらこう語った。警察当局は国際テロ組織アルカイダの影響を受けた地元過激派組織「アンサール・アル・イスラム」による犯行と見ている。

 バシュチュさんは過激派を批判する論調の記事を雑誌やブログに執筆していた。このため襲撃対象になってい…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです