メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

サウジと増産合意 イラン原油代替、200万バレルか

 【ロンドン三沢耕平】トランプ米大統領は30日、サウジアラビアとの間でサウジが日量200万バレル規模で原油増産することで合意したと明らかにした。イラン核合意から離脱し、イラン産原油の取引停止を各国に求める中、これを穴埋めする狙いだとしている。

 トランプ氏は同日、ツイッターでサウジのサルマン国王と協議したことを明らかにし「イランとベネズエラの供給力不足を穴埋めするためにサウジに最大200万バレル程度の増産を頼んだ。国王は同意してくれた!」と投稿した。

 サウジの国営通信は同日、「両首脳は石油市場の安定と世界経済の成長のために供給不足を補う必要性を理解…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです