メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ボスニア紛争の性暴力(その2止) 生みの母を捜したい

ボスニア南東部ゴラジュデの病院に医療助手として勤めるアレン・ムヒッチさん。紛争中、この病院で生まれ、捨てられた=2018年3月

 

 ◆民族間憎悪の悲劇、心に欠落感

再会、重荷から解放

 ボスニア・ヘルツェゴビナ南東部ゴラジュデの病院で生まれ、母親に捨てられたアレン・ムヒッチさん(25)は、この病院の職員だったムハレムさん(71)の養子になった。ボスニア人の実の母親は、ボスニア紛争で敵対したセルビア人兵士に性暴力を受け、アレンさんを出産した。

 養父母の愛情を受けてすくすく育ったアレンさんが、養子であることを知ったのは8歳の時だった。「おまえ…

この記事は有料記事です。

残り4729文字(全文4936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです