メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
ロシアW杯

サッカー 1次リーグ終了 去った英雄たち/レアル勢、本領発揮

出場3大会目にして初めてゴールを決められなかったドイツのミュラー=ロイター

 <Russia 2018 WorldCup>

去った英雄たち ミュラー、レバンドフスキ不発

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会はベスト16が出そろった。活躍が期待されながらも結果を残せぬままW杯を後にしたスターたちもいる。

 1次リーグで敗退となったドイツのMFミュラーは、出場3大会目にして、初めてW杯でゴールを決められなかった大会になった。過去2大会で10得点と、クローゼ(ドイツ)の持つ最多16得点更新も期待されたがかなわなかった。GKノイアーも、前回大会は最優秀GK「ゴールデングローブ賞」を獲得する優勝の立役者。しかし今大会は故障明けで臨み、完封は一度もできずに計4失点。守護神としての役目は果たせなかった。

 英プレミアリーグで今季得点王のFWサラー(エジプト)は、大会前に左肩を故障した影響もあり初戦は欠場…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1259文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです