メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 1次リーグ終了 去った英雄たち/レアル勢、本領発揮

出場3大会目にして初めてゴールを決められなかったドイツのミュラー=ロイター

 <Russia 2018 WorldCup>

去った英雄たち ミュラー、レバンドフスキ不発

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会はベスト16が出そろった。活躍が期待されながらも結果を残せぬままW杯を後にしたスターたちもいる。

 1次リーグで敗退となったドイツのMFミュラーは、出場3大会目にして、初めてW杯でゴールを決められなかった大会になった。過去2大会で10得点と、クローゼ(ドイツ)の持つ最多16得点更新も期待されたがかなわなかった。GKノイアーも、前回大会は最優秀GK「ゴールデングローブ賞」を獲得する優勝の立役者。しかし今大会は故障明けで臨み、完封は一度もできずに計4失点。守護神としての役目は果たせなかった。

 英プレミアリーグで今季得点王のFWサラー(エジプト)は、大会前に左肩を故障した影響もあり初戦は欠場…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1259文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです