メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

論客の死がもたらす空白

 1月に78歳で自死した評論家、西部邁(すすむ)氏の著書刊行が相次いでいる。新装版などの再刊も含むが、半年足らずの間で10冊近くに上り、保守派の論客としての存在の大きさを改めて感じさせる。1980年代から経済学者の枠を超えて活躍し、テレビで議論を戦わせる姿も広く知られた。96年から論壇を見てきた記者にとっては、西部氏が94年に創刊・主宰したオピニオン誌『発言者』(2005年終刊)の印象が強い。

 直接本人に取材したのは05年の1度だけだが、知的でありながら人情味の深さが伝わってきた。また、60…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです