メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

「妻籠を愛する会」新理事長 藤原義則さん(70)=南木曽町 /長野

貴重な町並みを誇りに

 江戸時代の面影を残す妻籠(つまご)宿(南木曽町吾妻)の町並み保存を進める住民組織「妻籠を愛する会」は、1968(昭和43)年の発足から50年を迎えた。6月22日の役員改選で、新理事長に決まった。

 「住民組織と行政、学者がうまくチームワークを組み、保存事業で成果を収めてきた。その流れをしっかり受け継ぎたい」と語る。

 中山道の宿場町として栄えた妻籠は、明治以降、鉄道や道路の発達で衰退し、過疎化が進んだ。高度経済成長…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです