メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

海警「軍事化」日本警戒 中央軍事委傘下に 「グレーゾーン」対応難しく

組織改編で変更された中国海警局の位置づけ

 海上保安庁に相当する中国の公的機関「海警局」が1日から中央軍事委員会指揮下の人民武装警察部隊(武警)に編入された。海警局の公船は沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返しているが、中国軍と連携した動きが活発化する可能性があり、日本政府は警戒を強めている。【秋山信一】

 海警局は2013年、四つの海上警備機関を一本化する形で発足した。従来は国務院(政府)の国家海洋局傘下で、公安省(警察)の指導も受けていたが、1日から治安維持を担う武警に編入され、軍と同様に中央軍事委の指揮下に入る。

 中国政府は「海警局の活動内容は変わらない」と説明しているが、防衛省のシンクタンク「防衛研究所」の飯…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文931文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです