メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
風知草

対話なき現状=山田孝男

 「党首討論の使命は終わった」(与野党党首)そうだが、いつ使命を果たしたか思い出せない。

     ◇

 6月27日の党首討論はいつにも増して言いっ放しのすれ違いだった。

 立憲民主党の枝野幸男代表(54)が、途中から演説調で森友、加計疑惑の論点を並べ立てた。質問すれば首相の過剰答弁を誘って持ち時間を失う--ことを嫌ったと思われる。

 「言われた分だけ言い返せ」が信条の首相は逐一反撃。不毛の激突が視聴者をげんなりさせた。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1322文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 墜落 米軍機、那覇沖に 2操縦士無事
  5. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです