メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

保守穏健派、月末退任 米最高裁もトランプ化?

 米国の政治・社会に大きな影響力を持つ米連邦最高裁判事の人事に注目が集まっている。今月末での退任を表明したアンソニー・ケネディ判事(81)の後任人事によって、最高裁の保守色を一層強めることを狙う共和党のトランプ政権。野党・民主党やリベラル派はそれを阻止する戦略を練る。11月の米中間選挙をにらんだ政治闘争が激化している。【ワシントン高本耕太、ロサンゼルス長野宏美】

この記事は有料記事です。

残り2313文字(全文2495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです