メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

保守穏健派、月末退任 米最高裁もトランプ化?

 米国の政治・社会に大きな影響力を持つ米連邦最高裁判事の人事に注目が集まっている。今月末での退任を表明したアンソニー・ケネディ判事(81)の後任人事によって、最高裁の保守色を一層強めることを狙う共和党のトランプ政権。野党・民主党やリベラル派はそれを阻止する戦略を練る。11月の米中間選挙をにらんだ政治闘争が激化している。【ワシントン高本耕太、ロサンゼルス長野宏美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  3. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  4. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  5. 33歳ユーチューバー 大麻所持容疑で逮捕 ミニチュア料理動画で人気

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです