メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

保守穏健派、月末退任 米最高裁もトランプ化?

 米国の政治・社会に大きな影響力を持つ米連邦最高裁判事の人事に注目が集まっている。今月末での退任を表明したアンソニー・ケネディ判事(81)の後任人事によって、最高裁の保守色を一層強めることを狙う共和党のトランプ政権。野党・民主党やリベラル派はそれを阻止する戦略を練る。11月の米中間選挙をにらんだ政治闘争が激化している。【ワシントン高本耕太、ロサンゼルス長野宏美】

この記事は有料記事です。

残り2313文字(全文2495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです